2012年12月21日

2012/12/21 走り描き人・波多の明翠の日記

12-21.jpg
おはようございます。応援ありがとうございます。
昨日は高知県桂浜から安芸市の約37キロ。
宿の部屋から朝陽を拝めてありがたやぁ〜
朝食済まして用意をしていたら一昨日、宿まで送ってくれたのりーんちゃんから電話。
アロマセラピストののりーんちゃんがわざわざ私のためにスペシャルなクリームをつくってくれたのです。
一昨日は遅かったのに・・・嬉しいよぉ( ; ; )
そしてスタート。
高台にある宿を室戸岬方面に行くのに、何を思ったのか、桂浜の龍馬さまに向かって走り始めてしまった。
途中おや?と思い、下った坂をまた上る。
これで1キロのロス。
途中のりーんちゃんが家の近くで待っていてくれるというのに(^_^;)
どこまでも続く砂浜。
龍馬さまもこの砂浜を見たのでしょうね。
いました、いました、カメラを向けているのりーんちゃん。
そして私の姿を見ると、大きな目から涙が( ; ; )
ちょっと、ちょっとぉ〜
そんなのりーんちゃんの顔をみたら私まで涙がでてきてしまったよぉ。
出会ってまだ24時間も経っていないのに、なんだかずぅ〜と昔からの友達だったみたい。
のりーんちゃん、会えて嬉しかったよ。
ほんとにほんとにありがとう。
また絶対に会いましょう\(^o^)/
途中ツバキのほのかな甘い香りに包まれ、幸せ気分。
天気が良いし風も穏やかでウィンドブレーカー要らず。
道沿いの化粧地蔵さまにご挨拶。
そこの赤岡町を通ったお遍路さんや旅の途中に行き倒れた人、川で溺れた子どもたちのために、その昔に地域の方々がまつったものだそうです。
女の子が化粧をしないうちに溺れたりしたことや、旅の人にはせめて美しい姿で見送ってあげたいという思いでお地蔵さんに化粧をしているのだそうです。
その後順調に順調に半分が過ぎました。
そんな時に自転車道あり。
海沿いの道らしい。
堤防のところが自転車道なのかな?
人も通っているし。
ということでそちらを走っておりました。
海も見えるし気持ちいぃ〜♪
しかし甘くはなかった。
どんどん地面から遠くなり、だんだん怖くなってきた。
でもきっとどこかで降りるところがあるはず。
そう信じていたら突き当たってしまった(>人<;)
戻るしかない。
途中砂利もあるから早とちりだということにすぐに気がつけば良かった。
戻る時はテンションダウン。
そんな気持ちでいたら砂利道でつまずいてこけてしまいました(T_T)
イテテ。
前回のようにタイツに穴が空いたり、擦りむいて血が大量に滲むほどではなくてよかった。
気持ちを持ち直して再スタート。
そこで2.5キロほどのロス。
ということで、朝の分も合わせて40キロちょっと走ることに。
迷いようがない道で、余分に走るなんてなかなかでしょ(^_-)-☆
予定以上に時間はかかってしまいましたが、明るいうちにゴールしたのでエライ!
ホテルに着き、フロントでいただいたテレビの番組表を見ていたら、さんさんテレビの夕方のニュースの欄に『復興への願いを筆に託す書道家』の文字が。
私だぁ〜
自分を見るのは照れるのですが、見てしまいました。
ありがとうございました(*^o^*)
今日もかわいい距離。
その前に書道家の岡林御舟先生と一緒に安芸市長にお会いしに行ってきます。
先生にはお世話になりっぱなしで心から感謝です。
今日も素晴らしい一日になりそうです。
タグ:高知
posted by 絆プロジェクトサポート事務局 at 08:00| Comment(0) | ラン日記